もう一度見たくなる映画から学ぶリピートビジネス!

 

一つの映画を2回以上観ることってありますか?実は僕が映画2回観ることはまずありません。(最近まで)

映画はとっても大好きなのでしょっちゅう見ますが、一度見れば満足するタイプでした。2回以上観る映画といえば、「カリオストロの城」とか「火垂るの墓」とか・・・(笑)観ると言うよりテレビつけるとやっていてたまたまみたいな。笑

それが、最近映画館で立て続けに2回観た映画があったんですよ!!!そして今日見た映画も、もう一回映画館で観たいと思いました。そんなことからリピート率を高めるコツを再認識させられました。

三浦拳が初めて2回観た映画

僕が生まれて初めて、同じ上映期間中に2回観た映画、それは・・・

グレイテストショーマン!!!!

皆さんもご存知ミュージカル映画です。初めて観たときから感動&鳥肌が立ちました。なぜ映画館でもう一度観たいと思ったかというと、「こりゃ映画館で観ないともったいない!」と思うほどの迫力臨場感を感じたからです。まさにミュージカルを観ている感じです。ミュージカルをテレビで見る人いませんよね。ミュージカルは生で観る!だったらこの映画も映画館で生に近い感じで観ないと!

と思い、直ぐに二回目観に行ったんです。もちろん二回目は一回目で見えなかったところに気づいたりと、もう最高でした。

キーワード、迫力と臨場感。。。

 

もう一回観たい!となった映画

そしてまだ2回目は観てないけれど、もう一回みたいな〜と感じた映画!それは・・・

これ!スティーブン・スピルバーグ監督のレディプレイヤー1です。

ものすごい登場人物・キャラクターの数で、もう一回観て違う角度から楽しみたい!と心から思う映画でした。

ハリウッド映画なのに日本のキャラクターとかがめちゃくちゃ出てきます。登場人物が多いので、きっと見逃しているけど知っているキャラクターとかがたくさんいるはずなんです!もう一回観て確認したい!そんな気持ちです。もちろんストーリーもめちゃ面白かったです。

キーワード、違う角度から楽しみたい

ここから学ぶリピート戦略

よく,売上を上げるには、「新規・客単価・リピート率」この3つを上げていくことと言われています。今回あなたに知っていただきたいのは、リピート率を上げたい時に考えるべきことです。

もう一度、あなたに会いたい!そう思ってもらうには、絶対的な商品やサービスの質が必要だと言うことは誰しもがわかっています。今回映画から学んだのは、迫力と臨場感、違う角度から・・・です。

そこでしか感じれない迫力、臨場感

グレイテストショーマンで感じたような迫力と臨場感、この場じゃないと感じられない。そう思ってもらえるような場の雰囲気です。これがビジネスにおいても大事なのではないでしょうか?

あなたのサービスを体験する、商品を買うことでしか感じることのできない迫力や臨場感に似たものを伝えることが大事だと思います。例えば僕の場合・・・

 

違う角度から楽しみたい

一度でお腹いっぱいじゃなくて、二回目も三回目もまだ楽しめそうな内容です。

一度聞いただけでもこれ?二度目は違ったことを聞いてみたい!そんな内容ですね。

例えば僕だったら、同じメニューに対するアドバイスでも様々な視点からアドバイスするようにしています。今回は主婦層からの視点とか、今回はビジネス層からの視点とか!

今日はここまで、もっとくわしく聞きたかったら次来てね!と言うのは、この例とは若干異なります。出し惜しみはよくありませんのでご注意を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

SNS集客専門家。ブランド戦略コンサル。ビジネス書著者。山形県山形市出身。高校を卒業後アメリカシアトルへ単身渡米。英語を学んだ後、現地でのメディア・イベントの新規事業立ち上げに携わる。帰国後、家業である整体とダイエットサロン、元気とキレイの発信基地ホロニックにはいり、経営戦略責任者としてマーケティング、ブランディングを担当。独自の視点での施策がうまくいき、着手一年で売上前年度対比200%を達成。自身も腸活セラピストとして活動し、1ヶ月で地元有力情報誌にてコラムを一年間担当。テレビやメディアにも出演する。現在は全国の個人起業家が地域や業界で売れっ子になるためのブランディングプロデュースを行う。脱普通をテーマにした斬新なブランディングが得意。年間公演数は30本。主催するセミナーREBORNには山形開催にも関わらず全国各地からの参加が多数。好きな食べ物は家で食べるしゃぶしゃぶ。