同じネタでもファンづくりができる投稿とできない投稿の違い

よく、あの人の投稿って本当に心に響くとか、感動する!と思うことありませんか?でもその人達はあなたと全く違う経験をしているのかと言うとそうではないと思います。その人達は日常での「自分ブランドなネタ探し」がものすごく得意なのです。

ブランディングとはファンづくり

ブランディングを定義するのは難しいことですが、一つ言えるとするとブランディングとはファンづくりのことだといえます。「あなた」というブランドにファンができるようにしていく施策をブランディングと言います。

ファンができるようにブログを書くこともブランディングです。あなたの商品やサービスの質を圧倒的なものにすることもブランディングです。ブランディングをしてファンができれば、立地や値段に関係なく、あなたを選んでくれるのです。

さてさて、今回はSNSやブログ投稿でのファンづくりに視点を持っていきます。

日常の投稿でファンづくりをするには

ファンづくりをしたくてSNSを頑張っている人も多いと思います。ではファンのできる投稿とそうでない投稿の違いは何でしょうか?

僕の知り合いの方々が数十名でアメリカに行き同じ会社の同じイベントに参加していました。僕のTLには皆さんがアメリカに行ってる投稿がガンガン流れてくるので、アメリカいいな〜ってただ鼻ほじりながら観てたのですが、あることに気づきました。

Aさんはその出来事を次のように投稿していました。

Aさん
「アメリカなう!会社のセミナーでした!これからパーティーです!」(アメリカの町並みの写真と共に)

そして同じ場にいた、他の人(三浦月:『自分ブランドのつくり方』著者)はこんな投稿をしていました。

三浦月

ハーバード大学で人気第1位の講師であり最先端のポジティブ心理学が解き明かす「成功」と「幸福」の驚くべき関係について世界中で講演を行なっている『幸福優位7つの法則』の著者,、ショーン・エイカーさんのお話をきかせていただきました。素晴らしい学びに感謝です!

脳について
思考について
笑顔について
幸福について
ますます伝えていきたいと
思いました

SmileやHappyは個人のものだけではなく社会に広げていく必要なことです

ふと気づきました。

同じ出来事を経験しているのに、伝わり方が全く違うということを。
「アメリカに行って同じイベントに参加した」という事実は一つです。全員が同じです。
しかし、そこで何を感じたのか、何を伝えたいと思ったのかの解釈は無限にあります。

Aさんには、「いいですね、羨ましいです。」「楽しんでください」なコメントがありました。この投稿では日記としてSNSを使っている人にとってはいいですが、ファンづくりのためにSNSを活用している人には弱いです。

三浦月の投稿の方には、言うまでもなく、「いつも心に響くメッセージあり難うございます!」「一緒にいるとハッピーになります!」などというコメントがたくさんついていました。

この事例からわかるのは、事実をそのまま投稿しているだけではなかなかファンはできないということです。一つの事実にあなたの気持ちや思い、「視点」が入ってファンになる人ができます。

ファンができるということは逆にアンチができるということでもあります。その覚悟は大事です。

ファンづくりをするには、皆が経験しているであろう一つの出来事も、あなたにしか感じることのできないこと、あなたにしか連想できないことを文字にすることが大事です。

細かいですが売れっ子になる人はこんな使い方をコツコツとしているのです。

24時間自分ブランドでいること

どうやったらこんな投稿ができるんですか?やりたくても思い浮かばないという人のために、日常の投稿でブランディングをしていくコツをお伝えします。

それは24時間自分ブランドでいることです。

お仕事モードとは少し違うのですが、あなたというブランド。それは仕事をしているときも家事をしているときもあなたというブランドを意識して生きるということです。

あなたのお仕事がセラピストなら、24時間あなたというセラピストでいるべきです。僕であれば、ブランディングの専門家なので24時間、ブランド戦略コンサルの三浦拳としての視点を持っています。

きっと僕がそのアメリカのセミナーを聞いていたとしたら、そのスピーカーのプレゼン力とかプレゼンの構成とか声のトーンとかに着目していたでしょう。

その一つの投稿で、あなたが読者にどんなことを伝えたいのかがとっても大事なのです。そのためにも、24時間自分ブランドでいることが大事です。

もしも自分ブランドでいることが辛いようでしたら、それは間違ったブランドを考えているかもしれません。よく見せたり、嘘の自分を演じているのかもしれません。自分ブランドとは本来は辛いものではなくワクワクするものです。

 

*三浦月は僕の実の母でもあり、ビジネス書も共著してます!!
マザコンではありません!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

SNS集客専門家。ブランド戦略コンサル。ビジネス書著者。山形県山形市出身。高校を卒業後アメリカシアトルへ単身渡米。英語を学んだ後、現地でのメディア・イベントの新規事業立ち上げに携わる。帰国後、家業である整体とダイエットサロン、元気とキレイの発信基地ホロニックにはいり、経営戦略責任者としてマーケティング、ブランディングを担当。独自の視点での施策がうまくいき、着手一年で売上前年度対比200%を達成。自身も腸活セラピストとして活動し、1ヶ月で地元有力情報誌にてコラムを一年間担当。テレビやメディアにも出演する。現在は全国の個人起業家が地域や業界で売れっ子になるためのブランディングプロデュースを行う。脱普通をテーマにした斬新なブランディングが得意。年間公演数は30本。主催するセミナーREBORNには山形開催にも関わらず全国各地からの参加が多数。好きな食べ物は家で食べるしゃぶしゃぶ。